事例3.うつ病 障害厚生年金の障害認定日請求(認定日は1年超前) 50歳代男性(平成28年)

入院歴なし。休職して8ヶ月ほど経過した時期に請求した。精神障害者手帳3級保持。

・認定日診断書 3.2×(4) 結果3級(等級目安2級。復職リハプログラム中)
・現症診断書  3.4×(4) 結果3級(等級目安2級。休職後8ヶ月経過)

認定日の診断書は、休職して1年経過後の復職リハプログラム中。その後復職して、再度休職して8ヶ月経過して、請求となる。就労状況から、障害等級3級は致し方ないと判断。その後復職することなく、退職。請求から1年後、額改定請求(3.7×(4):1級又は2級相当)をして2級に改定された。

 

▲このページのトップに戻る