障害年金はいくら貰えるの?

障害基礎年金の年金額(平成31年度)は以下の通りです。

等級 年金額
1級 975,125円+子の加算額
2級 780,100円+子の加算額

※子の加算額…2人迄:1人につき224,500円  3人以上1人につき:74,800円

※子とは以下の者をいう。

 ・18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子

 ・20歳未満で障害等級1級または2級の障害のある子

 

障害厚生年金(平成31年度)は以下の通りです。

等級 年金額(障害手当金は一時金)
1級 報酬比例の年金額 × 1.25 +配偶者の加給年金額(224,500円)
2級 報酬比例の年金額 + 配偶者の加給年金額(224,500円)
3級 報酬比例の年金額(最低保障額585,100円)
障害手当金 報酬比例の年金額の2倍に相当する額(最低保証額1,170,200円)

※1、2級で障害基礎年金が受給できない場合、最低保障額は585,100円となる。
※報酬比例の年金額を例にすると、平均賃金(正しくは平均標準報酬月額)が10万円である場合、年約16万円以上の計算となる。
※報酬比例の年金額の計算式
  報酬比例の年金額

 ={平成15年3月以前の平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月以前の被保険者月数
  +平成15年4月以降の平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以降の被保険者月数}

  ☆被保険者月数は、300月(25年)未満のときは、300月とみなして計算する。
  ☆障害認定日の属する月後の被保険者期間は、年金額計算の基礎とならない。
  ☆法改正による従前額保障に該当する場合もある(ここでは省略)。

※生計維持認定対象者に係る収入に関する認定に当たっては、将来にわたって収入が年額850万円未満又は所得が年額655.5万円未満と認められる者が対象となる。

▲このページのトップに戻る