事例2.うつ病 障害基礎年金の事後重症請求 50歳代男性(平成29年)

3ヶ月ほど前まで2ヶ月ほど入院していた。初診日は3年前。悪化したのは最近とのことで事後重症請求とした。

・現症診断書  3.2×(4) 結果2級(等級目安2級)

保険料納付要件の2/3要件を満たすため、大学生時代の確認のため、在籍期間証明書を提出した。大学生は平成3年3月まで任意加入であったので、この期間は除外される。

 

▲このページのトップに戻る